カメラを止めるな!は観るべきか

カメラを止めるな!自主映画にして今期空前の大ヒットですよね。日本アカデミー賞にもノミネート!?どんどん規模が大きくなってきた。

私も池袋のロサに見に行ってきましたよ。

当日券のみのロサは上映時間にはすでに満席。事前にチケット買わないと見れないのです。

これから見る方のためにネタバレしないように記事を書きますが、

できれば

できることなら、何も情報なく見て欲しいのです。

とは言ってもちょっと知りたくなるのが人間というもの。

ただのゾンビ映画ではありません。

私、ゾンビ映画だと思って見ていて、自主映画のゾンビ映画ね〜久しぶりウォーキングデッドも見ようかなくらいに思ってたんです。

ですがこの作品伏線がすごいんです。

伏線を伏線と気づかせず、さらに笑いになるなんてこんな映画初めてでした。

映画館全体で笑いが起こるのなんてなんだか新鮮でした。

伏線の秀逸さに感心と、笑いが自然と沸き起こる、そんな映画でした。

ワイドナショーで監督がでたときまっちゃんが休んでしまったのも今なら理解ができます。悔しいでしょうね、まっちゃん。

見たほうがいいか、それはリピーターがいることを考えれば一目瞭然。

とりあえず細かいことは言いません。是非見に行ってみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。