映画は4DXで見るべきか

こんにちは、マメです。皆さん4DXは体験済みですか?4DXで見ようか迷っている方のために、豊島園で2018年7月13日公開の『ジェラシックワールド炎の王国』を4DXを体験をした感想をご紹介したいと思います。

4DXとは?

4DXとは、現在、映画業界で最も注目を集める、最新の<体感型(4D)>映画上映システムのことです。

モーションシートが、映画のシーンに完全にマッチした形で、前後&上下左右に動いてその衝撃を再現します。

嵐等のシーンでは水が降り、風が吹きつけ、雷鳴に劇場全体がフラッシュするなど、映画のシーンを感情的に盛り上げる香りや、臨場感を演出する煙りなど、様々な特殊効果の仕掛けがあります。

注意したいこと

4DXは通常の映画と違い、注意事項がたくさんあります。まず安全の為、身長100cm未満の方は4DXをご利用いただけません。入場時チェックされるのでご注意を。
また120cm以下のお子様は保護者同伴が必要です。

また妊娠中の方、ご年配の方、車いすの方、心臓・首などに障がいのある方、
身体・精神的に敏感な方、車酔いしやすい方は4DXをご利用いただけません、とありますね。まぁ遊園地のジェットコースターに乗れないような人は無理でしょうね。

貴重品や壊れやすいものはしっかりとお手元かスクリーン外に設置の専用ロッカーをご利用くださいと、ロッカーに入れるのをオススメされます。確かに、手荷物はロッカーに入れておくのが懸命です。

上映中、座席が激しく動くので、飲食の際はご注意をお願いしますとあります。
飲食物がこぼれて衣服が汚れたり、ホットドリンクでやけどなどが起こった場合や、
上記に起因するお客様同士のトラブルには責任を負いかねますのでご了承くださいとあります。むしろホットドリンク禁止したらどうかと思うのですが、禁止ではないんですね。

お子様の安全の為、チャイルドシートのご使用や、お子様をひざの上に座らせての鑑賞は禁止させていただきます、とのこと。まぁ、入り口ではじかれると思いますが、お子様連れは注意です。

安全の為、座席の上に立ったり、上映中に席を離れ歩くなどの行為はご遠慮ください、とあります。トイレはどうすんの?といったかんじですが、まあ普通にトイレに行く人はいました。揺れてる真っ最中は無理でしょうけど。

上映中、水が顔や衣類、飲食物などにかかる場合がございますのでご了承ください。
水の出る演出は肘掛のスイッチ(右手側)でON/OFFを切り替えることができます。
嵐(ストーム)効果については劇場全体の演出効果のため、お手元のスイッチでは止める事ができません。また、座席により効果に差が出る場合がございます。詳しくは劇場スタッフまでお問い合わせください、とあります。

そうか、水はオフできるのか。ジェラシックパークやたら雨のシーンがあって冷たかったから、体験したらオフしてもよかったかも。はじめにスイッチの存在を教えてくれればいいのになぁと。

ロッカーのこと

さっき注意事項で書いたロッカーです。アトラクションなので、荷物入れといたほうがいいですよ。荷物落ちないか気にしながら見るよりは。豊島園のロッカー、100円返ってきました。

そしてポップコーンには袋がかけられます。なるほど、もう映画というかアトラクションと考えたほうがいいのかもしれません。揺れている間にポップコーンを食べるのはなかなか困難ですから、揺れてない隙をみて食べるしかないかな。

座席

各座席はかなり大きくゆったりとしています。座席にいろんな仕掛けがあって面白い。

さっき注意事項で書いたスイッチ。これのことか!後から気づいた。

始まる前には、やたらスタッフが安全確認をしに来ます。そんな大げさな、と思ってたら、大げさでもいいくらい動きますので、スタッフの注意には従ってくださいね。

特殊効果のこと

最初にこんなかんじ、というデモ映像があります。揺れ半端ないです。グワングワン揺れるので、軽く捕まってないと危ない。まさか本編はこんなに揺れないだろうと思ってたら、まんま揺れました(笑)

ドアを閉めたりなどちょっとした振動もシンクロしてるので、健康的な人じゃないと2時間映画はわりと酔う人いるんじゃないかな。

あと、水、わりとかかります。デートしてる女の子は髪の毛注意かな。自然に乾く程度だけど。嫌ならオフにしたらいいですね。

風もでます。外の場面では、外の感じがすごくでて、なかなか風はよかったかも。

上映会館のこと

4DXの上映会館は東京だと新宿、豊洲、お台場、豊島園とのこと。意外とまだ少ないんですね。

まとめ

いかがでしたか?ジェラシックワールドは4DXの良さを存分に体感できましたが、健康な方でも4DXを見るときは体調の良い時に行きましょう(笑)それでは4DXを楽しんでくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする