ストレスフリー!GTDを使ったデキる人のタスク管理術

お仕事に忙しい皆さんお疲れさまです。今回は仕事の効率がなかなかあがらない人のためのデキる人のタスク管理術GTDの活用方法をまとめてみました。

ここでいう仕事の効率というのは、仕事全体のタスクの優先順位をつけて今日やらねばなかないことを終わらせられるようになることを指します。

仕事をやっていても他の案件も気になってちょっとずつ取りかかってはいるものの、毎回期日に追われているなんてことはありませんか?

そんなとき有効な方法は、タスク管理術GTDです。術というくらいなので、これにはノウハウがあるのです。

前おきはこれくらいにして、実際に行うべきタスク管理を一緒にやってみましょう。

タスク管理5ステップ実践編

①収集する

今あなたの頭の中にあることを全て書き出します。あれをしなくっちゃ、と覚えていることは脳の容量を圧迫して考えるスペースがなくなるのです。

新しい課題もとりあえずIN BOXに入れてみましょう。

②整理する

IN BOXの中から、やるべきことを一つずつとりだし、行動を起こすべきか決めます。行動を起こすときめたら次にやるべき具体的な行動を決めます。やらないと決めたものは捨てるか、資料としてとっておくか、いずれやるリストに振り分けます。

③処理する

4つの主要なカテゴリーに分けます。

♪プロジェクト(複数のアクションが必要なもの)

♪カレンダー(特定の日時にやらなくてはいけないもの)

♪次にとるべき行動(空き時間に片付けるもの)

♪連絡まち(他の誰かに任せたもの)

④レビューする

毎日見直すものはカレンダーと次にとるべき行動リストです。

このプロセスを維持するには週次レビューする必要があります。

数ヶ月に1度、自分の長期的な目標や価値観をレビューするのがベストです。

⑤実行する

まとめ

いかがでしたか?頭の中にあることは全て書き出すことで、頭の容量を空っぽにすると格段に仕事の効率があがることを実感するはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。