出産時にあってよかったもの7つ

出産のときに準備しておいたほうがいいのもってどんなものだろう?

はじめての出産ではわからないことがいっぱいですよね。

私が実際あったら便利だったなぁと思うものがいくつかあったのでまとめてみました

 

1 ストロー付きペットボトル

出産中は陣痛で苦しみ、のどがとても乾きます。寝た状態でも水分がとれるようなペットボトルにストローが付くものを百円均一で用意すると便利です。

2 うちわ、ハンドタオル

これも場所によっては貸し出してくれるかもしれませんが、力んでとても暑くなるので仰ぎやすいうちわを用意してもらいましょう。汗もかくのでタオルもあるといいです。

3 前あきのロングパジャマ

授乳口がついていないくても前あきになっているものならば大丈夫です。下をはかずに分娩台へ移動したり、処置をしたりと下のパジャマを着ないで使用することが多いので1枚で着てもおかしくないロング丈が良いと思います。退院後も授乳授乳の嵐でしばらくパジャマ生活になりますから、お気に入りのパジャマがあるといいですね。

4 テニスボール

貸してくれるところもありますが、私はテニスボールなしでは出産できなかったと思うほど感謝しているものです。もちろん押してくれる人ありきですが・・・

5 授乳枕

産んだらすぐ授乳がはじまります。うちの産院は授乳室に行かない限り部屋に貸しだしてくれなかったので・・・余裕があればお気に入りの授乳枕を持ち込んでも良いかと思います。後で旦那さんに持ってきてもらいましょう。

6 とこちゃんベルト

出産でゆるんだ骨盤を締めるものです。出産前から腰痛予防にも使えるのではやめに用意して使っていてもいいですね。

7 カメラ

産まれたばかりのわが子を撮ったりするので慌てて忘れないようにしましょう。充電器や空き容量もチェックしておくと良いです。あと、ビデオカメラがあるひとはやっぱり動画もオススメです。携帯でも動画が撮れる時代ですので、ばっちりおさえておきたいですよね。

番外編

あと、事前にやっておいたほうがよかったことの一つに乳首マッサージがあります。臨月になってもおなかが張ったらと思うとなんとなくこわくてあまりやっていなかったんですが、乳首の伸びが悪いと強く吸われてちぎれそうになるんですね。しかも一回に何十分も、3時間おきにやってくる痛み。産後こんなに痛いものかとかなり精神的につらかったです。初産の方で乳首がの柔軟性がない方はぜひやっておいて損はないです。

以上出産時にあってよかったものなどの紹介でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする