イケサンパークに子連れで遊びに行ってきた【池袋】【公園】

  • 2020年7月11日
  • 2020年7月11日
  • 観光
  • 716view

こんにちは、池袋大好きマメです。

今日は2020年7月11日、待ちに待った池袋最大の公園である「としまみどりの防災公園」がオープンしました。

愛称「イケ・サンパーク」です。

元造幣局の跡地にどんな公園ができるんだろうとワクワクしていましたが、南池袋公園の約3倍くらいの広さの芝生の美しい公園ができていました。

豊島区最大!防災機能も備えています

オープン初日に家族で遊びに行ってきたので遊びに行くときに知っておきたい情報をまとめてみました。

sponcerd ad

イケ・サンパークに子連れで遊びに行ってきた【池袋】【公園】

公園の中は大きくわけて原っぱ広場、遊具エリア(子供)健康遊具エリア・小型店舗エリア・カフェエリア・ファーマーズマーケットエリア(予定)コミュニティーガーデンエリア(予定)があります。

各エリアについてご紹介したいと思います。

原っぱ広場

公園の案内地図を見ていただくとわかりますが、大部分は原っぱ広場という芝生エリアになっています。

約6500㎡の広さで、災害時には一時避難場所として、その後はヘリポート・物資集積拠点となります。

養生中の芝生には入れませんが、一部開放されていてピクニックができます(おそらく養生の時期にもよると思いますが)
※ビニールシートも芝生に悪いので×

芝生がとてもふっかふかなので、なにも敷かなくても汚れないので大丈夫です!(雨とかじゃなければ・・・)

 

遊具エリア

子供が遊ぶことができるエリアにはアート作品のような遊具が3種類ありました。どれも未就学児向けかなという印象。近くに井戸も。

健康遊具広場

お年寄りにも嬉しい憩いスポット。
よくある公園の健康遊具には全く見えないので最初気が付きませんでした。体力測定ができるお洒落なベンチも。思わずやってしまいますね。

飲食エリア(KOTOーPORT)

公園内に移動販売車風の小屋のような飲食店が4店舗立ち並んでいました。

ここは新しく公園で事業に挑戦したい人のための受け皿として小型店舗が運営されています。

飲食や物販などの多様な業態での展開を予定しているそうで、その後成長した店舗がいつか池袋街で一緒に街を盛り上げるパートナーになるということを想定して作られており、応援したくなる店舗というのも素敵です。

すでに素敵なお店を見つけました。私のおすすめはHIGUMA Doughnuts ✕ SOUR the park というドーナツとサワーがコラボしたお店。

新鮮な果汁を使ったサワー(ノンアルコールもOK)に加え、ドーナツがふっくらもっちりしていて美味。インスタ映えのハーブをぶっこんだジュース🍹がすごかったので一度飲んでみてください。

他の店舗でも美味しいスパークリングのお酒が売っていたりするので、休日に来たらつい買ってしまうかも。

カフェエリア

カフェはまだ開店していませんでしたが、ちょうどオープニングセレモニー(告知はされていませんでしたが)がカフェエリアで行われていて、高野区長をはじめ、イケサンパークを作った皆様が挨拶していました。

カフエのコンセプトは「東京の新しいEAT GOOD PLACEを」です。食べることから生まれるいいサイクルをテーマに、朝食から始まる街の憩いの場になるためにすべての年齢の方が利用できるようなカフェになるそうです。

ファーマーズマーケットエリア

公園の入り口付近で秋に毎週末始まるファーマーズマーケットですが、旬の野菜や果物を農家から直接買えるようになります。

農家さんの応援もでき、そして食卓も豊かになって家庭の中でも今よりももっと食を大切にできるようになっていくと思います。

コミュニティーガーデン

カフエの裏手にできる園内のコミュニティーガーデンは、花や野菜を育てられるようになります。

カフェの生ゴミや園内の落ち葉から堆肥を作ってそれが後に収穫を迎え、都市部での自給を目指すガーデンになるそうです。

トイレ・オムツ替え・授乳室など

子連れだと気になるトイレについてですがもちろん一般トイレにもベビーキープがありますし、多機能トイレも2つあります。

また、インフォメーションセンターに授乳室とオムツ替えスペースも完備です!

公園に持っていきたいもの

カフェエリア以外日陰がほとんどないので、夏場は日焼け止めや帽子があったほうがいいと思います。

また、芝生エリアはレジャーシートがひけないので、気になる方はゴザとかがあるといいと思います。(南池袋公園では芝生にゴザはOKです。)

麦茶の販売は一応ありますが、すぐ近くにコンビニがないので、お子さんの水分補給やご飯なんかは事前に準備しておいたほうがいいと思います。

また、ゴミは持ち帰りなので、ゴミ袋的なものも準備しておくと良いと思います。

トイレの中に石鹸がないので、今の時期は消毒関係のものは持参したほうがいいでしょう。

イケ・サンパークのアクセスと詳細情報

所在地:東京都豊島区東池袋 4丁目42番
開園時間:5時〜22時(公園管理事務所8時〜17時)
アクセス:東京メトロ有楽町線「東池袋駅」下車6番出口から徒歩5分
都電(さくらトラム)「東池袋4丁目駅」下車徒歩5分
都バス(池86)「池袋サンシャインシティ」下車徒歩3分
国際興業バス(池07)「サンシャインシティ南」下車徒歩3分
JR大塚駅 南口から徒歩10分
JR池袋駅 東口から徒歩15分※駐車場なし

場所は東池袋の駅から徒歩5分くらい、サンシャインの裏の豊島郵便局の斜め向かいにあり、今はまだ一部工事中で白いフェンスが見えます。(写真の左が豊島郵便局で右がサンシャイン、奥の白いフェンスのあるとこがイケサンパークです)

白いフェンスの中は、2020年11月にキッズパークという6歳くらいまでの子供を対象にした小さな遊園地ができるみたいです。隣にベージュ色の池袋保健所が見えます。イケバスの赤い色をモチーフにした子供が乗れる電車もできるらしいです。まだまだ工事中ですね、楽しみだなぁ。

 

まだ開通していませんが、公園内に池袋の街を走る電気バスのIKEBUS(イケバス)の停留所が。ということは近いうちイケバスで来れるようになるみたいです。今の所イケバスで来るならAルートのサンシャイン北で降りるのが近いです。

駐輪場・ベビーカー置き場について

自転車置場がありますが、それほど置けないためか臨時駐輪場もありました(左が駐輪場、右は公園の中に臨時駐輪場がありました)

自転車置場によくある時間性のロックがないタイプです。2人乗りの自転車が置きやすくて助かります。

ベビーカー置き場も臨時駐輪所のところにちゃんとありました。

駐車場はありませんので、車の方はサンシャインの駐車場や近くのパーキングを探しておいたほうが良いと思います。

 

イケサンパークができるまで

イケ・サンパークができた背景についてはこちらの記事にまとめてあります。お暇な方は読んでみてくださいね。

関連記事

こんにちは、池袋大好きマメです。 豊島区池袋にIKE・SUNPARK(イケサンパーク)という大型公園ができたって知ってました? ご存知の方もいると思いますが、豊島区には大きな公園がほとんどありません(涙) 人口密度NO1の[…]

sponcerd ad

まとめ

イケサンパークは、南池袋公園のようなおしゃれな雰囲気かつとても広々とした芝生の気持ち良い公園でした。
まわりは桜と170mも続くイチョウ並木になっているようで、春には桜、そして秋にはイチョウの美しい景色が見られそうですね。
秋にはキッズパークができたり、ファーマーズマーケットも開かれるようになると更に盛り上がりそうです。
家族で、友人同士で、カップルで過ごしてもとても楽しくすごせると思います。
南池袋公園、池袋西口公園、中池袋公園が整備され、さらにこのイケサンパークが開園となり豊島区がどんどんおしゃれに、そして住みやすい街になってきているのを感じます。
芝生も大切に、そしてゴミもちゃんと持ち帰って、きれいに使ってこの素敵な公園を守っていきたいですね。
もしお近くに来たときは是非遊びに行ってみてくださいね。
お読みいただきありがとうございました。
sponcerd ad
役に立つ情報発信します!フォローお願いします!