イケ・サンパークは2020年7月11日オープン【豊島区池袋 IKE・SUNPARK】

  • 2020年7月2日
  • 2020年7月11日
  • 観光
  • 719view

こんにちは、池袋大好きマメです。

豊島区池袋にIKE・SUNPARK(イケサンパーク)という大型公園ができたって知ってました?

ご存知の方もいると思いますが、豊島区には大きな公園がほとんどありません(涙)

人口密度NO1の豊島区ですから、土地もないんでしょうね。

なので子供と大きな公園に行こうと思うと、練馬区や板橋区まで足をのばさないとならなかったのですが、なんと豊島区にも待望の区内最大面積の公園が!

イケサンパークはどんなところかということをまとめてみました。

sponcerd ad

イケサンパークは2020年7月11日オープン

IKE・SUNPARK(イケサンパーク)、「としまみどりの防災公園」の愛称です。

豊島区の造幣局地区防災公園街区整備事業として、広い原っぱや、災害時には生活用水となる水辺空間の整備が検討されています。

具体的には災害時の備蓄や消火用水、非常用トイレなどが整備されており、災害時の一時避難所として、その後はヘリポートや物資集積の拠点として機能する予定です。

そもそもなぜ突然巨大な公園の計画が生まれたのかというと、池袋東口のサンシャイン裏にある元造幣局東京支局がさいたま市に移転したことにより、その巨大な跡地を公園にしようということになったらしいです。

ちょっと外観がわかりにくいと評判の保健所が移転しましたが、その裏手にできるそうです。

防災公園は17000㎡(5142坪)もあり、非常時にはヘリポートや炊き出しもできる施設となるとのこと。

地元の人は安心でしょうね。

防災公園のとなりには秋口に未就学児や小学校低学年の子供専用の広場「としまキッズパーク」ができるそうです。

池バスの赤色とおそろいの、ミニトレインがのようなものも走るらしいのです。

楽しみすぎますね!

同じく秋ごろになると、週末にはFARMERS MARKETも開催されるそうです。

まだ開店していませんが、カフェもはじまると食事が楽しめるようになります。

そしてKOTO-PORT(コト・ポート)と呼ばれる、事業に挑戦したい方の受け皿となる小型店舗を運営し、いろいろな飲食や物販が展開されるそうです。

実際にオープン初日にいってみた様子はこちらの記事から

関連記事

こんにちは、池袋大好きマメです。 今日は2020年7月11日、待ちに待った池袋最大の公園である「としまみどりの防災公園」がオープンしました。 愛称「イケ・サンパーク」です。 元造幣局の跡地にどんな公園ができるんだろうとワク[…]

イケサンパーク詳細

所在地:東京都豊島区東池袋 4丁目42番
開園時間:5時〜22時(公園管理事務所8時=17時)
アクセス:東京メトロ有楽町線「東池袋駅」下車6番出口から徒歩5分
都電(さくらトラム)「東池袋4丁目駅」下車徒歩5分
都バス(池86)「池袋サンシャインシティ」下車徒歩3分
国際興業バス(池07)「サンシャインシティ南」下車徒歩3分
JR大塚駅 南口から徒歩10分
JR池袋駅 東口から徒歩15分
※駐車場なし
sponcerd ad

まとめ

イケサンパークができた背景や防災機能などについてお伝えしました。
実際の公園の様子は関連記事よりご確認ください↓
関連記事

こんにちは、池袋大好きマメです。 今日は2020年7月11日、待ちに待った池袋最大の公園である「としまみどりの防災公園」がオープンしました。 愛称「イケ・サンパーク」です。 元造幣局の跡地にどんな公園ができるんだろうとワク[…]

お読みいただきありがとうございました。
sponcerd ad
役に立つ情報発信します!フォローお願いします!