【池袋】落ち着けるカフェならEsolaの梟書茶房がオススメ

こんにちは、ノマドワーカーのマメです。今日は池袋Esola4階にオープンした梟書茶房を利用した時の様子をご紹介します。こちらのカフェはノマドワーカーにも優しい1人席が充実していて、かつ本好きの心をくすぐるオシャレすぎる内装にテンションがあがります。

謎の秘密書籍

まず入り口にはオススメの本の内容だけ書かれた秘密図書が並んでいます。題名や作者もわからない状態でおすすめされており、購入して開封するまで分からないミステリアスな本になっています。気になった図書を買って読むこともできるんですね。

本と珈琲のセット!?

本と珈琲のセット?と眼を疑うメニューも。

店内に入ると、テーブル席か1人席を選ぶことができます。私は1人で邪魔されず本やブログを書きたいので迷わず1人席。本を置いてもドリンクを置いても全く邪魔にならない広めのテーブルが快適です。席に1つづつライトがあるため手元が明るく読みやすくなっており、本当によく考えられています。日曜のランチ時でも1人席なら空いていますし、喋りたい人はテーブル席にいるので、図書館のような空間で作業非常に捗ります。

1人席以外の席の様子です。入り口近くのテーブル席は重厚で豪華。本を読むのにも適度な明るさが不思議と心地よい空間なのがとても素敵です。

一方奥の明るめのテーブル席は、開放感があり、昼間ランチを楽しむならこちらもオススメかもしれません。

メニューを注文

早速メニューを注文します。落ち着いた、感じの良い店員さんの接客もポイント高いです。

メニューはサイフォンで淹れた珈琲は500円、ドリンクは500円〜800円、本をモチーフにした可愛らしいシフォンケーキも500円からです。食事メニューもホットドック600円、パスタ850円とリーズナブルです。平日15時までなら珈琲紅茶つきのランチセットが1000円とお得です!

こちらの珈琲はわりと酸味と苦味がある印象です。おわりが+300円でできるのが嬉しいですね。サイフォンで淹れてます。

私が頼んだのはサーモンタルタルとご馳走サラダサンド600円。パンにたっぷり新鮮なサラダが入っていてお味はかなり美味しいです。さすがEsola!

会計はこのかわいらしい鍵が伝票がわり。細かいところまで作り込んであるので、ちょっとした非日常空間を味わえます。

ブックカフェなので雑誌や文庫も充実してます。

まとめ

いかがでしたか?数あるカフェを開拓している私ですが、池袋Esola4階梟書茶房は池袋で落ち着けるカフェの中でもかなりおすすめです。1人のときも、お友達とでも入りやすいので池袋でカフェを探している方は是非行ってみてくださいね。ちなみにEsola4階には授乳室があるのでお子様連れも安心ですよ。それではまた。

最新情報をチェックしよう!
Sponsor