東京タワーに行ったらトップデッキツアーに参加すべき理由とは?

こんにちは、ママブロガーのマメです。みなさんは東京タワーは好きですか?私は東京生まれの東京育ちですが、なんだかんだ3回目の東京タワーになります。

個人的にはスカイツリーより青空に映える赤い美しいシルエットの東京タワーが好きだったりします。

ご紹介したいのがトップデッキツアー。これは開業60周年を迎える東京タワーの新アトラクション、体験型展望ツアーです。東京のシンボルとして愛されて続けている「東京タワー」ですが、古き良さも残しつつ、いよいよ新しいアトラクションに挑戦したんですね。

そして2018年3月3日、特別展望台が生まれ変わり「トップデッキ」としてグランドオープンしました!地上から250Mのトップデッキに行けるのは、体験型展望ツアー「トップデッキツアー」の参加者だけとのこと。それでは東京タワーの新アトラクションを体験してきたリポートをご覧下さい。

「トップデッキツアー」は事前予約・時間指定。一般の予約は60日前から受付しています。ただし、空きがあれば当日でも入場は可能。私も当日で空いてるとこに入りました。土日ということもあり、人気の時間帯は埋まっています。特に日没~夜にかけては人気なので、希望の日時は早めに予約をしておくのがおすすめです。

まずは1階に新設された受付「トップデッキレーン」へ。通常レーンの右側にプレミアム感のある受付があります。そこで予約時に発行されるQRコードを係員に提示します。ここで13言語対応の音声ガイド(スマートフォン型)を受け取り、首にかけてツアーがスタート。

ツアーは音声ガイドに沿って進みます。入場したら自分のペースに合わせてガイドしてくれるので、自分で操作する必要はありません。

一つ目のエレベーターで向かうのは、高さ150Mのメインデッキ。そこでトップデッキゲートまで移動します。ゲートを入るとまず見るのは「タワーギャラリー」。東京タワーの建設風景や歴史、東京の街並みの移り変わりなど「過去の風景」を紹介しています。うーん、ノスタルジーですねぇ。歴史のある東京タワーの良さも活かしています。続いて「シークレットライブラリー」に向かいます。何がシークレットかって?面白い演出がありますのでお楽しみに!

続いてはトップデッキ行きのエレベーター発着フロア、「プラットフォーム」へ。

可愛いオリジナルカップでウェルカムドリンクをいただけます。

エレベーターをあがると記念撮影のサービスがあります。白黒のフォトカードは1グループにつき1枚無料でプレゼント、ホルダー付きの大きな写真は1枚1,500円です(下記参照)

ついにトップデッキに着きました!トップデッキは白とキラキラしたミラーが印象的。上空250Mの景色は、メインデッキ(150M)よりずっと視界が拡がります。

トップデッキでは音声ガイドを操作し、方向に合わせて景観案内を聞くことができます。教えてくれるのは、地名の由来や気になる建物の正体など楽しい豆知識。東京に住んでいても知らないような情報を、詳しく説明してくれるのが新鮮。

トップデッキの滞在は制限時間はありません。ただ座る場所などはないので、まぁ景色を楽しんでそこそこにメインデッキに戻ってカフェでもしたら良いでしょう。

ちなみに夜のトップデッキは美しいライティングで輝きを増し、より近未来的な雰囲気に。トップデッキツアーは最終入場22:15、トップデッキ見学時間は22:45までなので、カップルなら夜もおすすめです。

先程紹介した記念撮影のサービスですが、メインデッキからも降りて、帰りがけに案内されるのでそこで購入もできます。ちょっとした白黒の記念の写真はもらえますが、記念写真としては…というかんじでついつい買ってしまいます。

東京タワートップデッキツアー情報

住所:東京都港区芝公園4丁目2-8

電話番号:03-3433-5111

アクセス:大江戸線「赤羽橋駅」より徒歩5分

ツアー催行時間:9:00~22:15の間、15分おき(トップデッキ見学は、22:45まで)

料金:大人 (高校生以上)2,800円、子供 (小中学生)1,800円、幼児 (4歳以上)1,200円

※メインデッキのみの場合は900円です。トップデッキツアーにはメインデッキ入場料も含まれます。

2018年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

東京タワーのおみやげちょこっと紹介

東京タワーのおみやげのベスト3です。(2018年7月時点の情報です。詳しくは各自直接お尋ねください)意外や意外、なんとお菓子の人気1位はサザエさん?

2位はキャラメル

そして3位はベイクドショコラだそうです

ここに貼ってあるランキングとは違うけど・・

この東京タワーボトルがとっても可愛い!

まとめ

いかがでしたか?東京タワーに行ったことがない方も、行ったことがあってもまた行きたくなった方も、東京タワーは変わらず楽しませてくれますよ。おみやげも忘れずに。では素敵な時間をお過ごし下さい!

最新情報をチェックしよう!
Sponsor