【マネーフォワードクラウドで確定申告】青色申告がはじめての方におすすめ無料ツール

青色申告、難しそうだなと思っている方はいませんか?

マネーフォワードクラウド確定申告を使えば私のように、簿記の知識の全くない素人でも青色申告が可能です。

まずポイントとしては、貸借対照表を作れるかどうか、ということです。これが青色の65万控除を受けられるかどうかのポイントなので、これさえクリアできればなんとかなると思います。

この貸借対照表は知識がないと自力で1から作るのことは難しいです。

ですが、今は便利でしかも唯一無料で使えるマネーフォワードクラウド確定申告があるので安心してください。

しかもお困りごともチャットですぐ解決してくれるのが超ありがたい!!

ド素人の私が実際にスムースに青色で確定申告するまでのポイントをまとめてみました。

手順どおりにやれば誰にでもできます。

sponcerd ad

マネーフォワードクラウドで確定申告するときの5つのステップ

ステップ1 まずはマネーフォワードクラウドに登録する

マネーフォワードクラウド確定申告に登録を済ませます。

これで50件までの仕訳なら無料で賃借対照表を作れます。

ステップ2 データを取り込む通帳を決める

銀行の通帳のデータを取り込むことができるので、通帳を決めましょう。

仕事用の通帳とプラインベートの通帳はなるべくわけておきましょう。申告しない余計な項目は極力ないほうが入力がスムースです。

ステップ3 通帳の内容を取り込み、仕分ける

ステップ2で伝えた事業用の通帳の中身を取り込み、詳細を仕分けましょう。

仕分けとは・・・長期借入金や、事業収入など、通帳に出し入れされたお金を項目別に割り振ることです。

ステップ4 貸借対照表を作る(自動)

仕分けさえきちんとできていれば実は貸借対照表は自動で作ってくれます。つまりステップ3「仕分け」を確実に行うことがキモなんですね。

ステップ 5 確定申告書と賃借対照表を税務署に提出する

確定申告書まで自動で作ってくれますので、それを印刷して賃借対照表と合わせて提出してもいいですし、e-taxで申告してもいいと思います。

e-taxの場合でも、青色の場合は賃借対照表を別に税務署に提出(郵送でも可)してください。

sponcerd ad

まとめ

なんだかできそうな気がしてきましたか?

機能が分からない場合には、チャットサービスで教えてくれます。

私のようなごく小規模の事業の場合、迷いながらも作業時間2時間くらいでした

(※事業用通帳を取り込めることが前提です。事業の規模・内容によってかかる時間は異なります。前年度のデータが引き継げればもっと時間は短縮できます)

簿記素人の私でも貸借対照表は作れますので、青色申告に是非挑戦してみてくださいね!

申告は余裕を持って行いましょう☆

お読みいただきありがとうございました。

sponcerd ad
役に立つ情報発信します!フォローお願いします!