東京都現代美術館は子連れで楽しめる

東京都現代美術館は子連れで楽しめるスポットだって知っていましたか?

美術館というと、子供とはなんだか行けそうにないイメージですよね。

この東京現代美術館は、子供ウェルカムな施設だったのでご紹介したいと思います。

まずアクセスですが、電車では半蔵門線清澄白河駅B2出口より徒歩9分、大江戸線A3出口より徒歩13分、車で行っても駐車場は土日でもそこまで混んでいませんし子連れなら車でお出かけもいいですね。

チケット代も小学生以下が無料だったりするので、大人料金だけ。そんなに高くありません。無料の展示もあるので、半日アートを楽しめちゃいますよ!

2019年7月20日〜10月20日の企画展示あそびのじかんに行ってみました。

体感型の展示が多く、子供も飽きずに楽しんでいました。

紙飛行機や、お面や、塗り絵や、いろんなワークショップができたのが良かったです。

※もちろん、他の展示企画によって作品にさわっちゃいけないものもあるので(受付できちんと注意がありますが)、親がちゃんと手をつないでおいたり、抱っこしておいたほうがいい場所もありますのでご注意くださいね。

授乳室もあってとっても親切。

館内はいたるところに座れるところもありますので、赤ちゃんのお世話もしやすいですよ☆

中でもランチコースが人気の100本のスプーンが家族連れに大人気。かなら並ぶので覚悟が必要?コースは15時までですが、17時くらいに行けば空いてます。ただ、17時ラストオーダー、18時に閉館なので注意してくださいね☆

とりわけもOKですが、子供用のハーフサイズもあり、家族がおいしいごはんをたべられます。椅子はストッケ、食器も用意してもらえます。

赤ちゃん連れならソファー席のほうがいいかもしれません。

この100本のスプーンを作ったのはスープストックの人と同じ人だそうです。びっくり。そういえばモダンなセンスがちょっと似てる?

おもしろいのがメニューがモナリザの塗り絵になっていて、子供がアートにふれながら塗り絵ができるところ。ありそうでなかったですよね。

2階のサンドイッチが売っているカフェも手頃です。

美術館の前は公園があり、天気のいい日には思い切り外で遊べちゃいますよ!

目次

まとめ

ちょっと子連れでは行きにくい美術館も、東京現代美術館ではウェルカムな雰囲気で、子連れがとても多かったので、秋の芸術を家族で楽しんでみてはいかがでしょうか?

アートだけじゃなくて公園で体を動かせるので子供も大人も運動の秋?にもなりますね(笑)

それではまた

最新情報をチェックしよう!
Sponsor