【伊豆】ぐらんぱる公園に赤ちゃん連れで行くときに注意したいこと

こんにちわ。2歳半の男の子を育児中のママブロガーのマメです。今回は私の誕生日に伊豆旅行をしたときに行ったぐらんぱる公園に行ったときに3歳未満でも遊べる遊具についてのご紹介をしたいとおもいます。

ぐらんぱる公園について

ぐらんぱる公園は伊豆高原駅より車で10分程度、タクシーですと1700円くらいで行けます。

桜の時期は車が混むので(伊豆方面は道が狭いのでとくに)うちはスーパービュー踊り子号で行って、ベビーカーとタクシーで移動しました。

スーパービュー踊り子号の記事はこちらから

入園料と乗り物代は別

大人(中学生以上)1200円

小学生600円 幼児4歳以上400円、3歳以下無料(各種割引制度あり)

ただし園内の乗り物はだいたい1人乗り400円、2人乗りだと600円くらいかかります。大人が楽しめるものだとセグウェイ600円、ジップライン1200円となかなかの値段設定。ただし大型トランポリンや長い滑り台、キッズパークなど無料の遊具もたくさんあるのでご心配なく。

ベビーでも楽しめるのは

のりものと太陽のひろばで、抱っこで乗れる汽車やボート、ゴーカートも横に座れれば(だっこでも)オッケーです。

あとは芝生広場近くにある長い滑り台も抱っこでいけますが歩けるくらいの子でないとすべったときの揺れがあまり良くないかもです。

基本的芝生広場がとても広く、刺激もあるので芝生でピクニックも良いですよ。

ちなみにキッズパークは2歳半の我が子が遊べるレベルの遊具ではなく、年中さんくらいからが対象だとおもいます。

まとめ

ぐらんぱる公園はたくさん遊べるところがありますが、ベビーには乗り物やキッズパークはまだはやいので、芝生でのんびりするのがなんだかんだ良かったというのが感想です。(お金もかからないですしね)年中から小学生くらいで1人でも乗れる年齢になるともっと楽しめそうですね。お兄ちゃん、お姉ちゃんがいる家庭なら芝生に日除けテントを張って、芝生広場でベビーが遊んだり休憩できるようにして、親が交替で遊びに行くのが良さそうですよ。

最新情報をチェックしよう!
Sponsor