新型コロナウイルスの致死率まとめ

  • 2020年2月25日
  • 2020年2月25日
  • 病気
  • 136view

日本全国でも感染が拡大している新型コロナウイルス。

もう、ピークをずらすしか手はない状況

連日メディアが報道はしていますが、

で、結局危ないの?危なくないの?

と思っている方も多いと思います。

で、やっぱり気になるのはどのくらい重症になって、どのくらい死ぬのかという情報なんですよね。

とにかく正しく知識を得て、パニックにならないことが大切かと思うので、

2月25日時点で発表されていることをまとめました。

(※あくまで現在メディアに発表されている内容を、素人でもわかりやすいようにまとめただけのものです。掲載した内容に責任はとれませんのでご了承の上お読みください)

sponcerd ad

新型コロナウイルスって何?

そもそも新型コロナウイルスって何だっけ?

そう思って調べてみました。

もともとコロナウイルスというものは6種類あって、いわゆる風邪の10〜15%くらいがこの中の4種類くらい、残りの2種類はあのSARS(重症急性呼吸器症候群)とMARS(中東呼吸器症候群)です。

そして、新しく発見された新型コロナウイルスは7つめのコロナウイルスということになります。

新型コロナウイルスの致死率

新型コロナウイルスの致死率は 2021年2月1日の時点では、中国全土では2.19%、武漢市では5.97%、湖北省の武漢以外では1.45%、湖北省以外の中国では0.22%だそうです。

ばらつきがあって、どれを信用していいか分かりませんが、

一応新型コロナウイルスの致死率は2%ということになっています。

インフルエンザの致死率0.1%に比べると高い数字ですが、エボラ50%前後、SARS10%、MARS34%と比べるとかなり低いですね。

年齢別 新型コロナウイルス致死率

0〜9歳 0%

10〜39歳 0.2%

40〜49歳 0.4%

50〜59歳 1.3%

60〜69歳 3.6%

70〜79歳 8%

80〜89歳 14.8%

(中国CDCのデータより)

持病別 新型コロナウイルス致死率

高血圧 6%

糖尿病 7.3%

循環器疾患 10.5%

慢性呼吸器疾患 6.3%

がん(すべて)5.6%

合併症なし 0.9%

(中国CDCのデータより)

新型コロナウイルスの潜伏期間

WHOによると1〜12.5 日ということになっています。

しかし、クルーズ船の下船後に発症しているので潜伏期間はこの限りではないかもしれません。

新型コロナウイルスの重症化率

感染者の81%は軽症で、14%が重症、命に関わる重篤な状態は5%です。

高齢者や持病がある方はリスクが高いです。

新型コロナウイルスの受診の目安

2月17日に発表された、厚生労働省の受診の目安はこちらです。

風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く場合(解熱剤を飲み続けなくてはならない場合も同様)

強いだるさ、息苦しさがある場合、また高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患などの基礎疾患がある方や、透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている方でこれらの症状が2日程度続く場合

・(妊婦の方へ) 妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国 者・接触者相談センターに御相談ください。

・(お子様をお持ちの方へ) 小児については、現時点で重症化しやすいとの報告はなく、新型コロナウ イルス感染症については、目安どおりの対応をお願いします。

帰国者・接触者相談センターはこちらから都道府県ごとに検索してください。

ちなみに、2月29日にこんな本が発売されるそうで、興味があります。↓

新型コロナウイルス肺炎、インフルから身を守れ! (安心4月号増刊)

新品価格
¥825から
(2020/2/25 11:19時点)

新型コロナウイルスの治療法

新型コロナウイルスのち療法は現段階ではありません。

もし、肺炎を発症したら、いわゆる対症療法となるようです。

解熱剤で症状を緩和、呼吸困難となったら酸素や人工呼吸器などでサポート。

そして自分の免疫力で回復するのを待ちます。

日本でも抗インフルエンザ薬「アビガン」を試していくようですが、まだまだ有効な治療法は開発されることは難しそうです。

新型コロナウイルスの予防法は

ということは、治療ができないなら予防法ということになります。

現段階で有効なのは、手洗い、消毒、マスクの着用を含むセキエチケットなどの日常的な予防法しなないんだとか。

手洗いは石鹸をつけて20秒以上、誰もができることですから、積極的にやりたいですね。

ちなみに新型コロナウイルスにはアルコール消毒も有効です。

高齢者や持病のある方、妊婦の方はとくに人混みを避けたほうがよさそうですよね。

sponcerd ad

まとめ

2月25日の現段階でコロナウイルスについてわかっている情報をまとめてみました。

とにかくしばらく人混みをさけ、可能な限りの予防は個人で努力し、適切な受診基準を知ってパニックにならないことが何より大切です。

また情報が更新されることがありますのでこの限りではありませんが、どうぞ参考にされてください。

新型コロナウイルスの備蓄準備に関してはこちらの記事も参考にされてください。

関連記事

新型コロナウイルスの拡大に伴い、日本でも次々とイベントの自粛が始まっています。 店頭ではマスクやアルコール消毒薬はなかなか手に入らなくなってきていますね。 新型コロナウイルスに限らず、災害などのためにも日頃から各家庭の備蓄は常に[…]

 

(2020年2月25日12時20分更新)

sponcerd ad
役に立つ情報発信します!フォローお願いします!