ヘバーデン結節にいい食べ物とは

  • 2020年1月29日
  • 2020年1月29日
  • 病気
  • 215view

ヘバーデン結節は、今まで原因不明の病気として、治療されることがあまりありませんでした。

しかし、最近の研究では女性ホルモンであるエストロゲンが影響していると言われています。

更年期以降、エストロゲンの分泌が減少してくると、手指の血管が収縮して血流がわるくなったり、手指の骨や腱が固まって関節の動きが悪くなってきたり、痛みが出てきたりします。

そこで、エストロゲンが減少してしまった方に、女性ホルモンの働きをアップさせる食べ物についてまとめてみました。

sponcerd ad

ヘバーデン結節にいい食べ物とは

女性ホルモンの救世主、大豆イソフラボンです。

よく知られるように、大豆イソフラボンは、納豆、豆腐、豆乳、おから、油揚げなどの大豆食品に含まれる成分です。

エストロゲンと似た働きをしてくれるので、さまざまな不調を軽減してくれると期待されています。

1日の摂取量の目安は、豆腐なら3分の2丁、納豆なら1パック、豆乳ならコップ1杯くらいです。

大豆イソフラボンは、摂取後たった1日で体外に排出されてしまうので、毎日定期的に摂取することが大切です。

大豆イソフラボンからエクリオールを作れるひとと作れない人がいる⁉

大豆イソフラボンに含まれるダイゼインが腸内細菌によって代謝されて生み出されるエクオールという成分があります。

しかし、大豆イソフラボンを代謝できる体質の人とそうでない人がいるそうです。

2人に1人がこのエクオールを作り出せない体質なんだとか。

ということは、どんなに大豆イソフラボンを意識して摂取してエクオールを作れない人もいるということなんです。

そのため、体質的にエクオールが作れない方や、毎日大豆イソフラボンを含む食品が食べれないという方は

エクエルというサプリ↓で補充するといいかもしれませんね。

大塚製薬 エクエル パウチタイプ 120粒3袋セット

新品価格
¥11,524から
(2020/1/29 15:22時点)

sponcerd ad

まとめ

いかがでしたか?

女性ホルモンのありがたみを感じるとともに、もし病院で何も治療していただけなくても、自分なりに食生活を改善できるかもしれません。

ところが、エクオールを作れない体質の方は食生活を気をつけてもなかなか改善しないかもしれません。

そんなときは、サプリなどをうまく活用する必要があります。

ヘバーデン結節は閉経した女性に多いのですが、もちろん30代でも、男性でも発症する症状です。

気になる場合は、整形外科かリウマチ科を受診していただくことをおすすめします。

お読みいただきありがとうございました。

エクエルについて詳しく知りたい方はこちらの記事もお読みください

関連記事

閉経後の女性の悩みにエクエルがいいと聞いたんだけど、実際にどうなの? 更年期障害や、ヘバーデン結節などにも効果があるって聞いたんだけど…… 最近こんな症状がないでしょうか? ・顔がほてる ・汗をかきやすい […]

IMG

 

※この記事は、効果や効能を保障するものではありません。サプリの服用に関しては自己責任のもと、主治医の指示に従うようにお願いします。

sponcerd ad
役に立つ情報発信します!フォローお願いします!