こどもちゃれんじを始めて良かった5つのこと

  • 2019年1月17日
  • 2019年3月1日
  • 育児
  • 26view

「こどもちゃれんじ」を頼んで1年が経ちました。

いまでは親子でしまじろうの大ファンです。むしろあんぱんまんのほうが影がうすい我が家です。「こどもちゃれんじ」をやって良かったことについてまとめてみました。

きっかけ

「こどもちゃれんじ」を始めたきっかけは、やっぱり家のポストに届く広告でした。こどもちゃれんじの広告はお金がかかっています。おためしの教材に近いものが届くので、なんとなく捨てるのももったいないので遊ばせたりしているうちに、こういう知育が定期的に届くのもいいなぁと思うようになりました。

1歳後半の息子は最初はしまじろうに関心は示さなかったのですが、毎月届く教材は本当にその月齢の子供のツボをつくものばかりなので、あっという間にはまってしまいました。

こどもちゃれんじを頼んで良かったこと5つ

①月齢にあったおもちゃ

その月齢に合わせておもちゃを買える家庭ならいいのですが、はじめての子供でどんなおもちゃがいいのか、いつどんなおもちゃで遊べるのか試行錯誤して、まだこのおもちゃ早かったな・・という失敗がないのがメリットです。指先や知能の発達に合わせて最適なものが毎月届くので、こんなことができるんだ、やらせてもいいんだ、と常に新しい発見があります。

②生活習慣、お友達とのやりとり、マナーが学べる

息子は幼児教室にも通っているので、「こどもちゃれんじ」はやめようかな、と思ったときがありました。しかし短時間の幼児教室ではなかなか学べない生活習慣やお友達とのかかわり方、公共の場のマナーについても、絵本や遊びを通して身に着けることができるのがとても良かったです。しまじろうはどうしてた?と聞くと素直に納得してくれるので助かります。

③英語に触れられる

DVDと絵本がリンクしていて、しかも英語で聞けるコンテンツがあるのがとてもいいです。日本語でも英語でも同じ内容なので自然に英語に触れられます。

英語に特化したこどもちゃれんじEnglishというのもあり、とても気になってはいるのですが、出費がかさんでしまうので我が家ではちょっと保留。でも、ふつうのこどもちゃれんじだけでも英語に触れられるのはとってもお得です!!

④保育タイプに合わせて選べる

3歳からは保育タイプによって内容が変わってきます。2年保育タイプ、3年保育タイプ、保育園タイプと3パターンあり、その子の環境にも配慮されたプログラムが選べます。

長い歴史のあるベネッセだからこそのノウハウがつまったコンテンツには感心させられます。

⑤意外とリーズナブル

1年まとめて払うと、2万3千円くらいなので、1ヵ月あたりは2000円ちょっとくらいなんですが、月に絵本1冊とDVD、2000円分のおもちゃを選んだと思えば割とリーズナブルではないでしょうか。

まとめ

しまじろうが~してるよ、しまじろうもやってるよ、と見本を示せるので育児のおともにとっても役立ちます。あのあんぱんまんすらかすむほどのしまじろう愛がとまらない息子です。もし迷っている方がいたら、とりあえずやってみても損はないと(あくまで私のおすみつきですが)思いますので親子で楽しんでくださいね!

最新情報をチェックしよう!
Sponsor