安産祈願は何をするの?徹底リポート水天宮

安産祈願って何をしたらいいのか、はじめて妊娠したときはよく知らないですよね。

私が実際に安産祈願に水天宮に行ってきた体験記をご紹介します。

安産祈願とは

安産祈願は妊娠5か月目の戌の日に行う日本独自の行事です。

岩田帯という腹帯に祈祷してもらい、それを妊婦さんがお腹に巻きます。

戌の日というのは、犬がたくさんの赤ちゃんを一度に産むうえにとても安産だからなんだそうですよ。

妊娠5か月目は安定期に入って流産の確率がさがる時期ですが、戌の日は大変込み合いますので体調と相談して行ってきてくださいね。

水天宮の参拝の初穂料や待ち時間、周辺の散策などこれから行く方の参考になればと体験記を書きましたのでご覧下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

体験記

今日は5ヶ月目はじめての戌の日!ということで日曜と重なる戌の日で混みそうですが早起きして水天宮に行って来ました。両親も張り切って朝早くから来てくれました。

戌の日は妊婦さんだけのご祈祷なので家族でゆっくりという方はやはり平日がいいのかもしれませんが、せっかくだからと戌の日に

今水天宮は仮宮にあるので最寄りは浜町駅です。7時34分浜町駅到着。ホームページでは8時受付開始、9時祈祷開始と聞いていましたが… 7時45分、すでに長蛇の列!妊婦さん以外に付き添いの家族がいるものだからすごい人。曲がり角を曲がっても並んでいました。

ネットでサンプル品を配る業者がいると聞いていましたが朝の時点では気配はありません。

私が境内に入れたのは8時22分。意外と早かったです。

事前に調べて小布かさらしか決めていたので、記入をはやくすませ祈祷代5000円小布3000円計8000円を支払います。お財布から直接で大丈夫です。結局親に払っていただきました。ありがたや。

私はさらしでもよかったんですが巻くのが大変だし母は一回きりしか巻かなかったというので妊婦帯に縫い付ける小布にしました。 

家族は境内の中でカッパをなぜたりして待機。 

そして妊婦さんだけ名前を書いてもらう列に並び 綺麗に名前を書いていただきました。私は4組目です。

あれれ、9時より前に祈祷始まってるんじゃ? 一回に48名ほど。つまりは…数えると私はだいたい180人目くらいということに。

祈祷前は待合室に通されました。イスもちゃんとあります。 


ここからは撮影禁止。

女性の宮司さんが祝詞を読み上げ、一人一人名前を呼んでくださいます。まとめてシャカシャカお祓いしてもらい2礼2拍手1礼します。みんな女性でなんだか新鮮!実質10分くらいですかね。 祈祷が終わり記念撮影8時58分です。なんと9時前に終了!びっくりです。

そういえば熊田曜子さんも5ヶ月目だそうで朝早くから来てました(旦那が気づく)

 水天宮でいただいたものは… 御神酒、お守り、お札、小布、お祈り日記、パンフレットです


御神酒は最初はこんなふうですが シールを貼るとこうなります 。けっこう充実してますよね!

9時15分に無料送迎バス子宝丸に乗ってロイヤルパークホテルへ。600mくらいなので歩けなくはないんですけどね。30分に1本でています。 

いよいよ子宝犬とご対面、と思ったらロイヤルパークホテルのロビーに列ができていました。ここでは10分くらい並びました。みなさん記念撮影しますからね。 犬をなでなでして、朝早くから動いたのでお腹がペコペコ。 

水天宮の本宮と子宝丸から見えた人形焼の重盛に行きたいと言う話になり(母が自分の安産祈願した30年前に食べたというので)みんなで行きました。

水天宮本宮は完全に工事中 次来るときはこっちになるのかな~ できたてアツアツ。こしあんは1個130円でした。あんがとっても甘~い。

お腹も満たされ、マタニティーショップめぐり。母が妊婦帯を買うのだと意気込んでくれたのでサポートのしっかりしたのを一つ買ってもらいました。 買ったのはROSEmadameのもので試着したら安定感があったので。仕事柄しっかりしたものにしました。パンツタイプもあったんですけど小布を縫い付けて大事に使いたかったので。

仮宮の近くのangeに行きました。素敵なマタニティー服がいっぱい!とにかくこの街は本当に妊婦さんだらけです。

 その後は日本橋に移動してCOREDO室町の菜々でランチ。おみやげにあげたて芋けんぴ買いました。
13時半家に到着。

疲れて夫婦でぐっすりお昼寝しちゃいました(笑) 無事戌の日の安産祈願ができて良かったです。一緒に並んでくれた旦那さま、両親に感謝です!

まとめ

水天宮の体験記をお届けしました。朝早くから大勢並んでいるので、体調の悪い妊婦さんはくれぐれも無理せず、戌の日にこだわらずご家族と一緒に祈祷できる日をあえて選んで行くのもいいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする